ベンツSクラスの車検費用を抑えるには?

憧れる方も多い高級車の代表格、ベンツ Sクラス。
ヘッドライトにスワロフスキー・クリスタルを47個埋め込んでいるモデルもあるなど、細部までゴージャスに作り込まれており、他の追随を許さない名車揃いです。
購入のハードルも高いですが維持費もまた高額であり、なんとかコストカットしたいとお考えのオーナー様も多いことでしょう。
garagentではベンツ Sクラスでも正規ディーラーに比べ、3分2以下というお手頃価格で満足度の高い車検を提供しています。
ここでは、その秘密についてお伝えしていきます。

ベンツ Sクラスの特徴

メルセデスベンツの中でも最上級クラスの大型セダンであるSクラス。
販売価格は1100万円を軽く超え、所有するのは限られた方のみというラグジュアリーカーです。洗練された外装はもちろん、内装はファーストクラスのような座り心地で究極のエレガンスを体感することができるよう設計されており、一分の隙もありません。ボディタイプはセダン・クーペ・カブリオレ・リムジンの4タイプあり、グレードは細かく分かれています。

  • S400d
  • S400d 4マチック
  • S400dロング
  • S400d 4マチックロング
  • S450
  • S450エクスクルーシブ
  • S450ロング
  • S450 4マチック クーペ
  • S450 4マチック クーペ AMGライン
  • S560ロング
  • S560 4マチックロング
  • S560 4マチック クーペ
  • S560 クーペ
  • S560 4マチック クーペ AMGライン
  • S560 クーペ AMGライン
  • S560 カブリオレ
  • S600ロング

一般的な車検の内容

ベンツSクラスは特別な車ですが、車検の内容や検査項目はほかの車と変わりありません。
エンジン、バッテリーなどの電気装置、ブレーキ回り、ハンドル回り、動力伝達装置周辺、タイヤ、足回り、排気ガス防止装置など法で定められた点検項目をチェックしていきます。
オイルの漏れやブレーキの効き具合などの安全性はもちろんのこと、排出ガスの項目も充実しており環境への負荷をかけない車であるかを検査し、公道を走行する許可を与える機会と考えると分かりやすいでしょう。
さらに、現状だけでなく、次回の車検まで故障することなく安心して走行できるよう、予防的な整備を行う場合もあります。

車検ではディーラーは避ける理由

ディーラーの車検でも内容は変わりませんが、技術料は高額。
さらに、部品交換は純正を輸入して使用するためこちらも高額になりがちです。
また、在庫がないパーツは取り寄せとなり、時間と費用が大きくのしかかるケースも。
もう1つの要因として、ディーラー側は、Sクラスを購入するオーナー様なら整備費に口を出すことはないだろうと、過剰整備になりがちという点もみられます。
一方、民間の整備工場では現状をつぶさに見極め、必要な整備だけを行い、それ以上は相談するという違いがあり、予算や希望に合わせた車検を行える環境が整っています。
安い=悪いではなく、徹底したコストカットやお客様の要望に応じた整備の結果、費用を抑えることに成功しているといえるでしょう。

garagentが選ばれる理由

garagentでは、必要に応じて質の確かなOEM部品を使用することで、安全性や性能を保ったまま賢くコストカットを行っています。
この結果、正規ディーラーに比べ、車検費用が3分2以下というお手頃価格を実現いたしました。
お客様の予算や希望についてお伺いしながら、プランを作成いたしますので、お気軽にご相談ください。
当店は町田市にありますが、東京都内から高速道路を利用しても往復3,000円ほどと、軽い負担で大きく整備費を減らすことができます。
車検は近くのディーラーではなく、garagentへいらしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る