ベンツCクラスの車検費用を抑えるには?

強靭なボディとアウトバーンの走行も揺るがない滑らかな走行性、”世界のベンツ”と呼ばれるにふさわしい品格と性能を持ち合わせているベンツ。
ですが、いつまでもその性能性を保つには、定期的なお手入れは欠かせません。
また、日本の公道を走るには定期的に車検を受ける必要もあります。
所有する上で欠かせない費用ではありますが、負担は大きくなんとかしたいとお思いのオーナー様も多いことでしょう。
そこで、ここではお得な費用で満足度の高い車検にするためのコツについてお伝えしていきます。

ベンツCクラスの特徴

1993年に初めて登場したCクラスは、現在4代目。
内外6,500ヶ所を見直したベンツの自信作です。
レーダーやステレオカメラを完備し、誰もが安心して運転できる世界でもトップクラスの安全性を誇るインテリジェントドライブを実現。
ガソリン車は1.5ℓ直列4気筒直噴エンジン+BSG、ディーゼル車は2.0ℓ直噴ターボBlueTECエンジンを搭載し、走りの楽しさはそのままに、燃費や環境への配慮を忘れない細かな設計はさすがといえるでしょう。
カブリオレ、クーペ、スポーツクーペ、ワゴンなどCクラスもいくつかに分類されますが、詳しく分類すると下記9種類に分類されます。

  • C180
  • C180 アバンギャルド
  • C180 アバンギャルド AMGライン
  • C200 アバンギャルド
  • C200 アバンギャルド AMGライン
  • C200 4マチック アバンギャルド
  • C200 4マチック アバンギャルド AMGライン
  • C220d アバンギャルド ディーゼルターボ
  • C220d アバンギャルド AMGライン

一般的な車検の内容

「車検費用=高額」というイメージですが、車検の費用は業者によって異なります。その訳を知るには、車検の内容についてよく知っておく必要があります。
車検の費用は法律で定められ、どこで受けても変わらない「法定費用」と、車検に合格するための整備や点検にかかる費用が業者や現状・希望に合わせて変動する「車検基本料」の2つに分かれます。

法定費用

  • 自陪責保険料:25,830円
  • 自動車重量税:24,600円
  • 検査手数料:1,800円

車検基本料

エンジンの状態やオイル漏れチェックなど、車の状態に合わせてメンテナンスなどを行うため、「どこまでメンテするか」や「現在の状態」によっても大きく左右されます。

車検ではディーラーは避ける理由

ディーラーの車検が高い理由は、整備費や技術料にあります。
メルセデス社では、日本の基準を満たすだけでなく、独自の安全基準を設けておりそれをクリアできるよう整備していることで高額となる傾向があります。
また、中古車の場合、相談しにくいという声も。
一方、民間の整備工場はしっかりと現状を見極め、必要以上の過剰整備を避け、質の確かなOEM部品を使用するなど、質を落とさずコストカットを行っています。
これが、費用の大きな差となり現れるのです。

garagentが選ばれる理由

手厚く整備することは大切ですが輸入車の場合、部品1つ1つが高額でありディーラーに任せた場合、トータル30万円ほどの出費となることを覚悟しなければなりません。
garagentでは、無駄な部品交換はいたしません。まだまだ使えるものは活かし、変更しても問題のない部分にはOEM部品を使用するなど、安全性や走行性をしっかり守った上でディーラーの3分2以下の価格で提供しています。
予算に合わせ、相談しながら点検ができる車検をご希望の場合はお気軽にご相談ください。
当店は町田市にありますが、高速道路を利用しても往復3,000円ほど。
高速代を支払っても、お近くのディーラーに依頼した場合よりもグッとコスト削減することができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る