BMW3シリーズの車検費用を抑えるには?

どんなに強靭で先進的なシステムを持つ車であってもメンテンスを怠れば、残念な結果となってしまうことは周知の事実です。そのため、国でも”車検”というメンテナンス制度を設けていますが輸入車の場合、維持費が高額な傾向があり「なんとかしたい」といった声も聞かれます。街ではBMW3シリーズもよく見かけますが、お困りのオーナー様も多いことでしょう。ですが、garagentでは正規ディーラーに比べ、3分2以下というお手頃価格で車検が可能です。

BMWの3シリーズとは

BMW3シリースといえば4ドアの小型セダンであり、主力といっても過言ではない人気モデルです。よくライバルに挙げられるベンツでいえばCクラスが好敵手に挙げられています。3シリーズにはいくつかの選択肢があり、

  • セダン
  • ツーリング
  • グランツーリスモ
  • M3セダン

と、グレード順に並びます。M3セダンは、3L直列6気筒エンジンを搭載しており、「駆け抜ける歓び」を全身で感じることができるでしょう。ガソリン車とディーゼル車ともに用意されており、日本ではガソリン車優勢ですが、本場欧州ではディーゼル車のほうがお気に入り。近年はディーゼル車の性能も上がり、ガソリン価格も高騰していることから興味を持つ方は増えつつあります。

一般的な車検の内容

車検とは、車が安全に公道を走行できる状態なのかチェックし保証するものです。具体的には、

  • 外装
  • サイドスリップ
  • ブレーキ、スピードメーター
  • ヘッドライト
  • 排出ガス
  • 下回り

といった項目が基準を満たしているのかを確認していきます。また、この検査にスムーズに合格できるようことはもちろん、今後のトラブルを未然に防ぐために事前に「24ヶ月点検」やオイル交換など整備を行うのが一般的です。

車検ではディーラーは避ける理由

車検費用は、法定費用、点検・整備代、代行手数料の3部門で構成されています。法定費用は重量税と自賠責保険に印紙代をプラスしたもので、どの業者でも費用は一律です。点検・整備代に関しては車検が通るように整備するための費用であり、業者によって異なります。ディーラーの車検が高い理由は、整備費が高額であることが主な原因です。ディーラーなら知識も豊富で間違いないと思われている方も多いですが、外注している業者もいるため一概に費用対効果があるとはいえない状況です。
一方、カーショップなどの民間車検はユーザーから選ばれるために、価格はディーラーの3分の2から5分の1程度とお得な費用に抑えていることが多いですね。ですが、粗悪な部品を使っている訳ではなく、コストカットや効率化を行い費用を低く抑える努力を重ねている結果です。

garagentが選ばれる理由

輸入車が国産車に比べて車検が高額になるのは部品の価格が高いことも一因です。garagentでは、質を落とさず価格が手頃なOEM部品を活用することでディーラーよりも3分2以下で満足度の高い車検を実施しています。BMW3シリーズをはじめとした高級車を多く取り扱うことで蓄積されたノウハウと高い技術力で、お客様の希望やお車の状態に合わせた車検・メンテナンスが可能です。garagentは町田市にありますが、都内から高速道路を利用したとしても往復3,000円ほど。近くのディーラーではなく、garagentへいらしてください。通常なら高額な料金が発生する事案も、コスト削減と安全性が両立する提案をいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る