レクサスISシリーズの車検費用を抑えるには?

レクサスを所有するには、駐車場代やガソリン代など多くの費用が必要です。中でも快適かつ安全な走行に欠かせないのがメンテナンス代ですが、大きな負担となることも多いようにみられます。
できる限り抑えたいところですが、手を抜けない部分でもあります。特に、車検の安全と費用の両立にお悩みでしたら、これまで多くのオーナー様に選ばれてきたgaragentへお気軽にご相談ください。
価格はディーラーと比べ3分の2程度で完了します。ここでは、garagentが選ばれる理由についてお伝えしていきます。

レクサスisシリーズとは

レクサスisは、レクサスの中でもトップ3に入る人気シリーズです。アルテッツァが進化したアグレッシブなスポーツタイプのセダンで小回りが利きやすく女性ドライバーも多く、中古車市場でも人気があります。インテリアは日本に古くから根付いている美意識を感じる独特の雰囲気。欧州の高級車とはまた違った味わいがあります。

IS350

  • version L(2WD (FR))
  • F SPORT(2WD (FR))

IS300h

  • version L(2WD (FR)・AWD)
  • F SPORT(2WD (FR)・AWD)

IS300

  • version L(2WD (FR))
  • F SPORT(2WD (FR))

一般的な車検の内容

車検の主な目的は、公道を走る車が

  • 公道を安全に走ることができる
  • 公害防止基準を満たしている

という2つを検査するために存在します。メンテナンスの度合はオーナー様のさじ加減で決まってしまうため、安全を守るため一定の基準を設けたもので、必ず受ける必要があります。
基本的には現時点での基本性能のチェックに加え、次回の点検までトラブルなく運転できるよう部品交換など整備を行うのが一般的です。
きちんと検査が受けられるようにと、車検の手数料自体は手頃な設定なのですが、一緒に支払う自動車税などの税金や車の状態によって発生する点検整備費などが加わることで高額となってしまうのです。

意外にかかる維持費用

レクサスisシリーズの維持費用はお住まいの地域や駐車場の有無、年間の走行距離によっても大きく異なりますが、30万円から100万円ほどが相場となっています。
駐車場が不要な場合、車検が全体の20%以上を占めているケースもみられます。2年に一度ではありますが、上手に節約するなら、しっかりポイントを掴んでおくことが大切です。

賢く維持費用を抑えるには

車検は特に比較することなく、ディーラーへ依頼しているオーナー様も多くみられます。「高い費用を払っているから安心だろう」との意見も聞かれますが、それは本当に正しいのでしょうか?レクサスのディーラーによる車検が高額になるポイントは2つあります。

  • 1つ1つが高額

技術代も部品代もどれも高額に設定されているため高額になるというのも大きなポイントです。手厚く整備をしていますが、過剰整備になっていることも少なくなく、部品も純正を使用しているため高額です。

  • サービスの更新費

レクサス延長保証やG-Link、レクサスケアメンテナンスプログラムなど車検以外に付属しているサービスの延長をすると17万円ほどの出費となります。
もちろん、強制ではありませんが、オーナー様の心理をくすぐる断りづらい雰囲気に、不要と感じつつも更新してしまう方も多いですね。
一方、整備工場で車検では、サービス延長についてのアナウンスはありません。また、経験豊富な整備士が判断し、代用ができる部分は質の高いOEM部品へと変更し、費用を抑えることも可能です。民間車検やトータルカーショップの車検費用が安いのは企業努力の結果であり、適正な価格と技術が期待できるお店もあることを知っておきましょう。

garagentが選ばれる理由

garagentではオーナー様の希望をお伺いし、相談しながら予算に合わせた提案・点検をしており、OEM部品を使用するなど質と価格の両立を図っています。
弊社は町田市で営業していますが、東京都内から高速道路を利用しても往復3,000円ほど。ディーラー車検の3分の2程度の費用で車検が完了するため、高速代の方がはるかにお得です。
車検をご検討のオーナー様は、近くのディーラーではなく、garagentへいらしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る