レクサスGSシリーズの車検費用を抑えるには?

車の性能を最大限に発揮し、長く保つにはメンテナンスの質が大きなカギとなります。走りだけでなく安全面にも影響を与えるため、誰もが安心して安全に暮らせるよう”車検”という制度が誕生しました。
ですが、この車検の費用は高額で、悩みのタネとなっている方も少なくありません。費用はできる限り抑えたいが、点検の質は高水準な車検をご希望でしたら、お気軽にgaragentへご相談ください。
ここでは価格面、技術面共に高評を頂いている秘密についてお伝えしていきます。

レクサスgsシリーズとは

走行情報をフロントガラスに表示するカラーヘッドアップディスプレイなど世界最先端の装備を搭載したラグジュアリーなレクサスの上位車種です。シャープな走りとファーストクラスのような上質な乗り心地を両立したグランドツーリングセダン。出発時は重厚、加速するごとに軽快になるサウンドは、ドライバーの心を高揚させます。

GS450h

  • version L
  • F SPORT
  • I package

GS350

  • version L
  • F SPORT
  • I package

GS300h

  • version L
  • F SPORT
  • I package

GS300

  • version L
  • F SPORT
  • I package

一般的な車検の内容

車検では、「公道を安全に走れる状態か」「公害防止基準をクリアしているか」の2つを検査しますが、この費用は法律で定められた額であり一定です。
この時に、自賠責保険や自動車重量税についても支払いが必要となります。スムースに検査に合格できるよう事前に整備しますが、この費用はオーナー様の希望や車の状態に合わせて行うため、整備の状況に応じて変化します。

法定費用

  • 検査手数料 :1,800円
  • 自賠責保険料:12,260円
  • 自動車重量税:10,000円~16,400円

メンテナンス費用

  • 点検整備料 :5~20万円

意外にかかる維持費用

レクサスGSを維持するには、税金やガソリン代、駐車場代に洗車やコーティング、オイル交換などの整備費も必要です。
駐車場がない場合でも年間30万円ほどが相場であり、都内にお住まいで駐車場があるなら100万円を軽く突破することも考えられます。購入費も高額ですが、維持費もやはり高額であり、節約できるポイントを押さえておくことも大切です。

賢く維持費用を抑えるには

維持費の内、節約しやすいのが車検代です。購入したディーラーに依頼するオーナー様も多いですが、これは高額への第一歩。
車検代以外にもG-Linkやレクサスケアメンテナンスプログラム、レクサス延長保証などの更新を断りづらい雰囲気で求められ、17万ほどの出費となってしまいます。また、技術料も高額で純正の部品のみを使用するのも点検整備費が上がる原因です。
一方の整備工場の車検では、サービスの延長が進められることはなく、必要な箇所に必要なだけ整備を行うため過剰整備になる心配もありません。必要に応じて質の高いOEMパーツを使用し、費用を抑えつつ品質を保っているのも大きなポイントです。

garagentが選ばれる理由

garagentではオーナー様と相談しながら予算に合わせ、部品の提案や点検を行っています。企業努力の結果、車検費用は正規ディーラーに比べ、3分の2以下とお手頃な価格を実現。
これは、東京都内から高速道路を利用し、往復3,000円を出費して弊社までお越し頂いたとしても、かなり得をする金額です。これまで多くのレクサスなど高級車を扱うことで培った確かな技術と知識で、レクサスGSの整備・車検も対応いたします。
まずはお気軽にgaragentへいらしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る