BMW1シリーズの車検費用を抑えるには?

「車検は面倒」という声も聞かれますが、誰もが安心して日常生活を送るには欠かせない制度です。というのも、車は使用するごとに劣化し、安全性にも大きな影響を及ぼしますが、これを軽く受け止めている方も多くみられます。そのため、最低限のメンテナンスができるよう車を所有する方の義務としているのです。

もちろん、BMW1シリーズも例外ではありません。車検が面倒なポイントとして、拘束時間だけでなく費用が高額なことも挙げられます。ですが、garagentでは安全性はそのままに正規ディーラーの3分2以下という価格で車検が可能!
ここでは、その秘密についてお伝えしていきます。

BMWの1シリーズとは

BMW 1シリーズは、BMW3シリーズのコンパクトモデル「ti」から生まれた洗練されたコンパクトモデル。道が入り組んでいる日本の住宅街でも運転がしやすく、幅広い層から支持を集めています。モデルは、

  • 118i
  • 118i Fashionista
  • 118i M Sport Edition Shadow
  • 118d Fashionista
  • 118d M Sport Edition Shadow
  • 120i Sport
  • 120i Style
  • 120i M Sport
  • M140i Edition Shadow

の9つに分かれており、新車購入価格は3,170,000円、中古市場でもBMW 1シリーズは人気があり2台目に購入するにも手頃な価格です。コンパクトですが、BMWの技術の粋を凝縮した新世代エンジンを搭載しておりダイナミックなドライブを楽しむことができる1台です。

一般的に車検の内容

前述の通り車検は、車が安全に走行できる状態を保証するための検査です。チェック項目をみてみると、

  • 外観:ランプやガラス、タイヤなどが
  • 内装:スピードメーターの精度や発炎筒など
  • 機能・装置:ブレーキや排出ガスなど
  • 走行:サイドスリップ

のように大きく4つに分かれており、それぞれ細かく基準を満たしているのかをチェックしていきます。車検は初回は3年、次回からは2年に一度ですが、日頃の整備を怠ると車検に合格しない可能性が高まります。そのため、定期的なオイル交換のついでに軽くチェックしたり、「法定24ヶ月点検」などで整備を行うのが一般的です。

車検ではディーラーは避ける理由

「車検は購入したディーラーで」。特に輸入車の場合、国産車と構造が異なる場合も多く、このように信じている方も多いでしょう。ですが、ディーラーの中には外注しているお店もみられます。にもかかわらず、作業費や部品代は民間車検よりも高い価格。これが車検はディーラーを避けるべき理由の1つです。
もう1つは、民間車検であっても輸入車の整備に対するノウハウや技術を持ち合わせている業者もおり、適切な対応が可能であるという点です。 民間車検が安いのは、コストカットなど企業努力による点が大きく、きちんとしたお店を選べば輸入車であっても問題はありません。

garagentが選ばれる理由

garagentはBMWなど輸入車・国産車問わず高級車を専門に扱っており、たくさんのオーナー様から高評を頂いております。
輸入車の車検が高額なのは高額な部品代が大きな要因ですが、品質が確かなOEM部品を使うことでこの問題を解決し、ディーラーに比べ3分2以下で安全性の高い車検を実現しています。弊社は町田市を拠点としていますが、都内からは高速を利用して往復3,000円の距離。ドライブがてらお店にお越しいただくだけで、車検の費用をグッと抑えることができます
お車の状態やオーナー様の希望をお伺いし車検・メンテナンスのプランを作成いたします。そろそろ車検というオーナー様、近くのディーラーではなくお気軽にgaragentへご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る