レクサスCTシリーズの車検費用を抑えるには?

レクサスは車両本体価格も高額で、憧れる方も多い車です。街乗りにも適したコンパクトなボディのレクサスCTシリーズも人気ですが、車は購入以降も必要となる費用が多く、維持するための余裕も必要。ですが、できれば費用もコンパクトに圧縮したいと思われているオーナー様も多いことでしょう。特に車検は大きな出費です。garagentでは正規ディーラーの3分2以下というお手頃価格で、上質な車検を提供しています。ここでは、その秘密についてお伝えしていきます。

レクサスCTシリーズとは

レクサス初となるコンパクトなボディ。5ドアハッチバックタイプで、よく走りよく曲がると乗り心地を両立しており、幅広い世代から支持を受けています。ボディカラーも豊富で、インテリアのカラーバリエーションも豊か。カラーのニュアンスにもこだわりたいという方の声に応えています。また、ハイブリット車なので環境にもお財布にも優しい仕様といえるでしょう。

グレードは4種類あり、どれも2WDです。

  • CT200h version L
  • CT200h F SPORT
  • CT200h version C
  • CT200h

また、2018年8月より、特別パッケージの「Black Sequence」を発表。F SPORTと同じ専用スポーツチューニングを使用した走りが楽しいモデルと、人気を博しています。

意外にかかる維持費用

車の維持費は主に、税金、メンテナンス、維持費、車検の4つに分けられます。
税金は、毎年必要となる自動車税が真っ先に浮かびます。これ以外の税金は車検時に支払うため、普段は意識しないでしょう。

  • 自動車税:39500円

メンテナンスには、洗車やコーティング代、ガソリン代やオイル交換など細かな費用が計上されます。どこまで手をかけるのかや、走行距離によっても異なりますが、年間20万円ほどが見込まれます。

維持費には、駐車場代や保険などが含まれます。都内の駐車場は2万円から5万円が相場なので、年間24万~60万円。保険は等級や年齢、依頼するプランによっても大きく差が出ますが、3万円から40万円の間で収まるのが一般的です。両方合わせると100万円を超えるケースも出てきますね。

レクサスCTの車検はディーラーに依頼するか、民間車検に依頼するかで費用に差が生まれます。費用が安く済むと言われている初回車検の相場をみてみるとディーラーは17万円オーバーに対して、民間は7万円前後。10万円近く差が開いています。

賢く維持費用を抑えるには

つい購入したディーラーへ依頼しがちですが、車検費用は高額な傾向にあります。その原因は基本点検費用が高額な点が挙げられます。
高いなら安心と思われがちですが、車検内容は民間車検も違いがありません。また、レクサスケアメンテナンスパックⅡ(LCMPⅡ)の更新料45,000円や、G-Linkの更新料53,600円が含まれるというのも大きいですね。
不要な場合は更新をしないという選択も可能ですが、何となく断りづらい雰囲気であることも確かです。一方、民間車検は必要なものを必要なだけメンテナンスするため、予算もスリム。安さの秘密は徹底したコストカットと、OEMパーツの活用によるものです。
持ち込みパーツにも対応可能、予算に合わせた車検を提案するなど、できるだけオーナー様の希望に近い提案をしています。

近くのディーラーではなく、garagentへ

レクサスCTの車検をお考えでしたら、都内や近くのディーラーではなくgaragentまでご相談ください。
当店は町田市にありますが、都内からは高速を使用しても往復3,000円ほど。低価格ですがプロが行う高品質な車検をご提案しており、高速代を出しても全く損はありません。
通常なら高額な料金が発生するケースにも、できる限りコスト削減できるよう提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る