レクサスLSシリーズの車検費用を抑えるには?

安全かつ快適なドライブには車のメンテナンスは欠かせません。トヨタの高級ラインであるレクサスであっても、定期的な点検は必須です。大勢が行き交う公道を走るため、誰にも安全であるよう”車検”という制度を設けられているため、2年を目安に本格的なメンテを検討しているという方も多いでしょう。ですが、大きな金額が必要であり、悩みのタネになっているという声も聞かれます。「費用を抑えつつ、点検の質は落としたくない」というオーナー様は、まずgaragentへご相談ください。弊社ではレクサスLSシリーズに向けた、お手頃価格かつ高い水準の車検やメンテナンスを提供しており、高評を頂いています。ここでは、高品質とお手頃価格の両方が実現するワケについてお伝えしていきます。

レクサスLSシリーズとは

レクサスはトヨタが誇るラグジュアリーブランドであり、北米では1989年から、日本では2005年から展開しています。高級車を知り尽くしたエグゼクティブにも愛され世界の65を超える国や地域で活躍していますが、その中でも頂点に君臨するフラグシップセダンがレクサスLSシリーズです。2017年にフルモデルチェンジし、グレードは、

  • LS500
  • LS500 “I package”
  • LS500 h
  • LS500 h “I package”
  • LS500 “F SPORT”
  • LS500 h “F SPORT”
  • LS500 “version L”
  • LS500 h “version L”
  • LS500 “EXCLUSIVE”
  • LS500 h “EXCLUSIVE”

の順に並びますが、大きく分けると「LS500」「LS500 h」の2つに絞られます。大きな違いはエンジンにあり、「LS500」はレクサス初のV6ターボエンジン搭載車であり、走りがスポーティーかつ上品。一方の「LS500 h」はV6エンジンのハイブリッド車であり、滑らかな走りが特徴的です。

意外とかかる維持費用

上質かつ最先端なレクサスの本体価格もなかなかの高価格帯ですが、一年の維持費も44万から70万円が平均と重くのしかかります。これはガソリン代から車検代を年ごとに均したものですが、大きなウエイトを占めるのが車検代。初回は20万、2回目は26万と年を重ねるごとに増えていく傾向があり、長期的に保有するならある程度の収入が必要となります。

賢く維持費用を抑えるには

車検は生産元であるディーラーが安心とお考えのオーナー様も多いですが、中には外注しているという場合も!一概にディーラーなら安心と言えないのが現実です。一方、安いことで信頼度の低い民間車検は敬遠されがちな傾向がありますが、低価格は企業努力やOEMパーツの活用などたゆまぬコストカットによって実現している場合も少なくありません。ディーラーのように隅々まで純正パーツで仕上げれば費用がかさんでしまいます。ですが、持ち込みパーツや質の高いOEMパーツで代用できるところは対処することで、安全性と低価格を両立することが可能となります。

近くのディーラーではなく、garagentへ

garagentでは、高品質なOEM部品を上手く活用することでディーラーよりも手頃な価格にて車検を実施しています。レクサスLSシリーズや輸入車など各種高級車を専門に取り扱うことで培われたノウハウと技術力で、オーナー様の予算や状態に合わせた車検・メンテナンスを実施いたします。garagentは町田市にあり、都内からは少々離れていますが、高速道路を利用すれば往復3,000円ほどとそれほどの負担にはなりません。高額見積りを提示するお近くのディーラーではなく、ぜひgaragentへいらしてください。ディーラーなら高額な料金が発生する事案も、コスト削減と安全性が両立する提案をいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る