ポルシェ・マカンの車検費用はどれくらい?お得に済ませる秘密を大公開!

スポーツカーとして揺るぎない知名度、そしてブランドの名に恥じない魅力的な走り、そして何よりも「ポルシェに乗っている」という喜びが味わえることで多くの人の心をつかんでいるポルシェ。高級車のニーズが冷え込んだ時期もありましたが、ポルシェがこだわるボクサーエンジン(水平対向エンジン)搭載の車の中でも、SUVのマカンは人気を集めています。今回はそんなマカンの魅力と共に、マカンにかかる維持費や車検費用とその節約方法について詳しくご紹介します。

安定した走りが魅力のポルシェ・マカン、誰もが惹かれるその理由とは

世界に知られる高級車の老舗、ポルシェ。その初代SUVモデルとして、ハイエンドモデルのカイエンが発表されたのが2002年のことです。そのカイエンより一回り小さいSUVとして、2013年に発表されたのがマカン。マカンとはインドネシア語でトラのこと。しなやかな車体と走りからもその名前のこだわりが垣間見えます。コンパクトSUVモデルですが、ポルシェの誇るスポーツカーレベルのターボエンジンが搭載されているのが魅力。初代マカンからその形を引き継いだマカンSから、V6ターボエンジンが搭載。次のマカンGTSはV6ツインターボエンジンでさらにスポーツカーレベルの走りが楽しめるSUVへと進化しました。さらにマカンシリーズで最高の速度を誇る、フラッグシップモデルのマカンターボ、マカンターボパフォーマンスというモデルも出ています。排ガス規制クリアのために2019年に発表された新型マカンは、マイナーチェンジとなり新しいエンジンになっていますが、より快適な乗り心地に加え、ポルシェらしい走りは変わらず楽しめるモデルとなっています。価格はコンパクトSUVといっても他のシリーズと同じく高級車のレベルですが、中古車としてその価値が下がらない点においても幅広いニーズを掴んでいます。

やっぱりかかりがちな車検費用

一般的に外車は車検費用が高いといわれています。実際にどれぐらいの費用が必要となるのか、ポルシェ・マカンにかかる車検費用とその内訳をご紹介します。

○法定費用

車検では、外車国産車に関係なく、車の重さなどによって一律の税金が定められています。ポルシェ・マカン(2019年モデル)の場合2t以下に区分されるため、法定費用は重量税32,800円(2年自家用・エコカー減税適用無)、自賠責保険15,520円(12か月・自家用乗用車)、印紙代の1,100円の合計49,420円がかかります。

○車検基本料

車検にかかる基本料は、車検をどこで受けるかによっても変わってきます。車検での整備にかかる検査料や車検代行の費用など、5万円程度の整備工場もあれば、10万円近くかかる店などもあります。

○部品交換費用

車検の中で最も費用がかかるのが部品交換の費用です。ディーラーで車検を受ける場合、車検のたびに全ての部品を交換することが基本となります。消耗品のオイルフィルターやブレーキパッドなどの交換などで5万円~10万円以上かかることもあります。

知れば抑えたくなる維持費用

購入した後、気になる費用が維持費用です。快適に乗り続けるためには小まめなメンテナンスも必要ですし、ガソリン代もどれぐらい必要なのか気になるところです。そこで必要となる維持費用について詳しく見ていきましょう。

○自動車税

自動車税は排気量で税率が決まります。新車の場合は2019年の10月1日以降は税金が引き下げられています。ポルシェ・マカン(2019年モデル・排気量2894㏄)の場合には排気量が2.5Lを超えていますので50,000円となります。

○保険料

車の保険料は、どれぐらいの保障をつけるかで金額が変わってきます。外車の場合には車両保険が高く設定されていますが中古車の場合だとそれほど高くはなりません。年齢によっても変わってきますが、年間15万~20万円は保険料として必要と考えておきましょう。

○ガソリン代

スポーティーな走りが売りポルシェマカンですが、燃費は良くリッター12kmは走ります。
年間1万キロを走行した場合、ハイオクガソリンで13万円程度です。

○修理費

ポルシェは定期点検をきちんとしていればそれほど修理は必要ではありませんが、全くトラブルが発生しないというわけではありません。故障した場合には部品を交換することになるため、1回で4~5万円程度の修理代が必要となります。

だからこそ賢く車検費用を抑えよう!

車検のたびにきちんと整備をすれば長く乗ることが可能なポルシェ・マカンですが、車検ではどうしても費用が高額になってしまいます。なぜ費用が高くなるのかその理由を見ていきましょう。

<ディーラーの車検が高い理由>

ディーラー車検では、部品を純正品で交換することに加え、点検整備の費用が高めに設定されており費用が高くなる一因となっています。また車検のたびに全ての消耗品や部品交換をするため費用がかさみます。実際には乗る状況によって部品の摩耗頻度には違いがあります。

<民間車検が安い理由>

民間車検では車検が通る範囲での修理点検のため、最低限の費用で済むのが大きなメリットです。ただし工場によってはポルシェの車検を受けたことがないと断られる可能性もあります。受けてもらえたとしてもトラブルが全く起きないとは言い切れないのでその点は心配ではあります。

ポルシェ・マカンの車検費用を抑えるならgaragentへ

garagentは外車の整備や車検を多く手がけています。さらにポルシェの専門知識のあるスタッフと相談しながら予算に合わせた点検が可能で、代替品であるOEM部品も取り扱っているので費用を抑えることができます。東京都・町田市、多摩市、稲城市、神奈川県横浜青葉区、川崎市麻生区にある駅までは、無料で送迎してくれることに加え、同地区でお勤めの方は、仕事中の車引き取りを行い、仕事が終わるまでに車検終了させる便利な「仕事中に車検終了プラン」もご用意していますので、高速代を使った預けや引き取りに悩むことがなくおすすめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る