BMW 8シリーズの車検費用を抑えるには?

車を所有するには購入以降も何かと費用がかかります。維持費やメンテナンス代など、どれも必要な費用ではありますが、負担が大きいのも事実です。
特にBMW8シリーズなど、海外の車は車検費用が高額になりがちで、「なんとかしたい…」とお考えのオーナー様も多いことでしょう。garagentでは正規ディーラーの3分2以下というお手頃価格で、上質な車検を提供しています。

BMWの8シリーズとは

シリーズは、アスリートのようなしなやかさと力強さと紳士の品格を備えたラグジュアリーな姿が印象的です。
内装はクラシカルな雰囲気を残しつつ、フルデジタルのメーターパネルがあるなど、こちらも相反する2つが融合し特別な空間を演出しています。
2019年には細心のテクノロジーを備えたカブリオレが日本上陸を果たすということで、目が離せません。

現行モデルは

  • BMW M850i xDrive クーペ

のみです。

ラグジュアリーな見た目に反し、4.4L V型8気筒エンジン搭載で最高出力は530馬力。0-100km/h加速は3.7秒と、ハイスペックなスポーツカー並の実力を兼ね備えています。

一般的な車検の内容

費用の内訳を大まかに分類すると、「法定費用」「車検基本費用」「部品交換費用」の3つに分けることができます。

法定費用

自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料の3つがあります。BMW8シリーズの場合、重量税は32,800円、自賠責は25,830円、印紙代は1,200円。この費用は法律で決められた額であり、どこで車検をしても変化することはありません。

車検基本費用

車検代行料や検査手続代行料とも呼ばれる24ヶ月点検整備のための費用です。この費用はお店やディーラーごとに異なります。

部品交換費用

点検をして整備するべき箇所が見つかった場合に、対処するための費用です。
車の状態によっても大きく左右されますが、オイルやパットなどの費用もお店ごとに異なるため、車検代に差が出るポイントになっています。

車検ではディーラーは避ける理由

一般的にディーラーでの車検は高額といわれています。8シリーズの車検費用の平均は8万円前後ですが、ディーラーの場合15万円近くに跳ね上がります。
ディーラーの場合、全て純正パーツを使用するため、費用が高額になりがちです。特に海外メーカーの場合、バッテリーが7万円ほどするなど、輸入しているため部品1つ1つが高額。痛い出費となってしまうでしょう。
民間車検(トータルカーショップ)では、経営努力を重ね費用を抑えています。部品も代用できる部分は品質の確かなOEMパーツを使用し、オーナー様の負担を最小限に抑えた最善の整備を実現します。

garagentが選ばれる理由

garagentはこれまで、8シリーズをはじめBMWやレクサスなど多くの高級車の車検を行ってまいりました。
当社が選ばれる理由は、プロによる高品質な車検がディーラーに比べて3分2以下という点にあります。
BMWの構造や特徴、パーツについてなど全ての情報を熟知しているプロが対応しており、どの部分にOEMパーツを使うのかなど節約のポイントを的確に押さえることでこの価格を実現。
これまで、多くのオーナー様から喜びの声を頂いています。町田市は遠いとお感じになるかもしれませんが、東京都内から高速道路を利用してお越しいただいても往復3,000円ほど。節約できる車検代のほうがはるかに上です。
ぜひ、近くのディーラーではなく、garagentで車の状態や、お客様の希望に合わせた車検、メンテナンスをご実感ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る