ベンツCクラス(W204)C63 AMG ATF交換

 

こんばんはメカニックの伊藤です

 

 

本日はW204の型のC63 AMGの車検作業の中からATF(オートマチックトランスミッションフルード)の交換を紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この型のC63は名前そのまんま6300ccある車両です

バケモノですね

速いです

 

 

 

細かい写真なくなりました、、

オイルを抜いてオイルパンを外します

ベンツはオイル抜くときちょっとコツがあります(説明が難しいので文章ではやめておきます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番下に見えてるのがオイルストレーナー(フィルター)です

その上がバルブボディ

(トルコンからも抜くのですがこれまた写真を忘れました、、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新旧の比べです。

見えにくいですが中のフィルターで小さいゴミを拾っています。

古いのは真っ黒になってます。

交換します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外したオイルパンを清掃します。

水色の上に置いてある丸い物はマグネットになっていて、鉄粉をここにくっつけてオイルと一緒に回らないようにしています。

(だからメーカーが行っててもATF無交換で言い訳がないんですよね、、、)

(ATFは絶対変えた方がいいです)

(10万キロ、20万キロまで無交換でいると話が変わっていきますが、、、)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほど紹介したオイルストレーナ、

ATオイルパンのパッキン(劣化するとオイルが漏れます)、

ATオイルパンのボルト(アルミ製なので再使用不可)

を古いものと交換して取り付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回入れさせていただいたオイルがこちらです。

A.S.H FS

というものです。

色々なものを調べ、実践した結果これはオススメです。

 

まず規定量を入れ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンをかけて診断機を繋ぎ、ATFの温度が上がるまで待機。

指定の温度に達したらドレンボルトからまたオイルを抜いて規定量に合わせます。

 

 

 

 

最後に試運転をし、異音やシフトショック等おかしなところがないかチェックして終了です。

 

 

ありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 

〜ATF交換〜

 

最近ではATFはメーカーが無交換推奨になっているから交換しない方が多いです

これ、ディーラーのに勤めている時から思っていたことですが、

油脂類を無交換でいいわけがない

 

です。

 

ただ、確かに製造から長い年数無交換できた車のATFを交換するリスクもあることは確かです

だからこそそうなる前に定期的に交換しておいた方がいいんです

 

メーカーや車種にもよりますが

大体

30000km〜40000kmに1回

3〜5年に1回

くらいがいいかなと思います

 

 

スパークプラグやブレーキオイル等、いつ交換したかわからない消耗品がありますよね

中古車を購入した時は一旦全て交換してリセットすることを薦めてます!!!

もちろん予算の関係がありますので、自分が気になるところや予算と釣り合うものだけでもいいと思います

とにかく、 愛車の消耗品を気にして乗る ことが大切だと思います

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

愛車、大事にしてください!!

 

 

 

 

株式会社GARAGENT(ガレージェント)

東京都町田市金井2-28-13

042-735-8790

担当:伊藤

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る