BMW 5シリーズ(F10) トルコン太郎にてATF圧送交換 東京都 F様

はじめまして、GARAGENT BMW担当メカニック小泉です。

今回、ご紹介します作業はトルコン太郎ATF圧送交換です。

圧送交換と同時にATオイルパンも交換させていただきました。

こちらがATオイルパンになります。

まずはオイルパンからオイルを抜きます。

BMWはオイルパンが樹脂製の為、ドレンボルト再利用不可になりますのでATオイルパンASSY交換です。

 

こちらがATオイルパンを外した写真になります。

写真中央沢山のボルトで留められている部品はメカトロニクスと言い、ミッション油圧回路を制御している部品になります。

この油圧回路がゴミや鉄粉で詰まってしまい正常に動かなくなり車両が発進しないといった故障が多々あり、そうなってしまうとメカトロニクスの交換もしくはミッションごと交換になってしまうケースがあります。

そうなってしまうと100万円超えの修理になってしまい大変です。

そこで今回ご紹介する圧送交換で詰まりを除去し故障を未然に防ぐ事が出来ます。(内部機械的に部品が欠けてしまっていたりする場合は残念ながら圧送交換では直すことが出来ません)

 

こちら外したATオイルパンです。

ATオイルパンには磁石がついており、ある程度であれば鉄粉を留めてくれます。

 

沢山の鉄粉がついております。

 

ATオイルパン新旧比較です。

磁石の形が少し変わっていますね。

 

 

当たり面をしっかり清掃し新しいオイルパンを取り付けます。

それから油量調整です。

ここでの調整はとても大事です。

ここまできてやっと本題の圧送交換に取り掛かれます。

まずは車両に適したアタッチメントを取り付け、圧送側とリターン側を間違えないように装着したらエンジンを掛け、トルコン太郎を始動し圧送開始です。

写真左側が新油、右側が廃油になります。

5Lづつ小分けに圧送していき、何度かクリーニングを繰り返します。

 

こちらが最終的なオイルになります。

新油と同じとはいかないですが、中のフィルターが透けて見えるくらいには綺麗になりました。

そして全て組み上げてから試走です!

 

驚くほど滑らかにシフトアップしていきます!

いつギアが変わったかわからないほどです!

本来の8速ATの醍醐味を味わえます!

抵抗なくミッションが働いてくれますので、燃費も良くなり、加速も良くなり

「駆けぬける歓び」を実感していただけます!

そして、1日置きオイルが完全に冷えた状態で最終油量調整を行い作業は全て終了です。

無事、作業を終えることが出来ました。

お忙しい中、ご来店ありがとうございました!

株式会社GARAGENT(ガレージェント)

東京都町田市金井2-28-13

042-735-8790

info@garagent.net

担当:小泉

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る