ディーラーの車検費用はなぜ高い?BMW 2シリーズの車検の真相に迫る

車検を受ける方法はいくつかありますがどこに出すかによっても車検費用は大幅に違ってきます。車検を考えた時、ディーラー車検を考える方がほとんどではないでしょうか?ディーラーに出すと割高になりますが、車に詳しくない方などは特に考えずにそのままディーラーに任せてしまう人も多いと思います。しかし、なぜディーラーの車検費用が高いのか考えたことはありますか?
今回は、一般的な車検費用について詳しくみていきます。

ファミリー世帯に大人気!アクティブツアラーの特徴

BMW 2シリーズのアクティブツアラーは、広々とした5人乗りで日常での使い勝手はもちろん!休日のお出かけやアウトドアでも機能的に使えるような収納スペースを確保しており、快適さと多様な場面でも楽しめるのが特徴です 。実用性や遊び心もあるのでファミリーカーとしても人気が高いシリーズ。

機能性としては、広々とした室内で大型ウィンドウなため視界も良く、収納スペースもラケッジスペースは通常400Lですが、リアシートを倒した場合には1510Lに拡大できます。リアシートは、40:20:40の分割可倒式のため、スライド可能でかなり余裕があるため大柄の人や男性でもゆとりがあります。

キドリーグリルが据え付けのためフロントフェイスは、スポーティーな印象がありスタイリッシュな見た目です。

一般的な車検費用

法定費用とは、自動車重量税・自賠責保険料・印紙代のことです。法定費用は、どこで車検を受けたとしても必ず同額にかかる費用になります。自動車の種類、車両重量、車検有効期間等によっても費用はかわってきます。

【内訳】

自家用乗用自動車の自動車重量税(2年)

■総排気量が増えるにつれて金額が高くなり0.5リッター刻みで設定されている。

注)2019年9月までの新車登録の金額で()は10月以降の金額です。

  • 1.0リッター以下…29500円(25000円)
  • 1.0から1.5リッター以下…34500円(30500円)
  • 1.5から2.0リッター以下…39500円(36000円)
  • 2.0から2.5リッター以下…45000円(43500円)
  • 2.5から3.0リッター以下…51000円(50000円)

6.0リッターまで設定されている。

軽自動車は一律6600円(2年)

・車検基本料とは・・・

車検基本料は、車検の際に必要となる点検・整備にかかる費用です。
こちらの金額についてはどこで車検を行うかによって大幅に金額がかわってきます。車の状態によっても最低でも行わなければならない点検項目もありますので金額は一律ではありません。

・部品交換費用とは・・・

点検・整備以外にもエンジンオイルやブレーキパット、バッテリーなど状態によっては交換が必要となり、別途交換費用がかかります。

意外とかかる維持費用

自動車を維持するには年間どれくらい維持費がかかっているか知っていますか?
例えば、1.5から2.0リッター以下の車を保持している場合に大体毎年かかる費用は下記の内訳となる。

  • 自動車税 39500円
  • 保険料 年間12万円
  • 駐車場代 年間6万円
  • ガソリン代 年間12万円

これだけでも年間で約34万の維持費がかかることになります。

だからこそ賢く車検費用を抑えよう!

1. ディーラーの車検が高い理由

ディーラーの場合、交換する部品も全て純正品を使っています。そのため、金額も割高になり、他にも整備に関する技術料や車検とは関係しないサービス料金が加算されていることで高くなっていることなどが考えられます。

2. 民間車検(トータルカーショップ)が安い理由

安い部品を調達できる

ディーラーとは違い純正品を使用するわけではないのでなるべく安く抑えることができます。

過剰整備しない

不必要な整備を行い、過剰なサービスなどを行わないためここでもコストを削減可能です。

BMWの車検費用を抑えるならgaragentへ

BMWの車検を考えていてなるべく費用を抑えたいと思っているのであれば是非一度、garagentへお越しください。garagentであればお客様の予算に合わせて部品の提案や点検をさせていただきます。OEM部品にも変更可能です。

当社から、東京都・町田市、多摩市、稲城市、神奈川県横浜青葉区、川崎市麻生区にある駅までは、無料で送迎いたします。また、同地区ににお勤めの方は、仕事中の車引き取りを行い、仕事が終わるまでに車検終了させる便利な「仕事中に車検終了プラン」もご用意しています。もちろん車内清掃も無料で代車も無料でお貸しします。

東京都内から高速道路を利用して往復3,000円かかるとしても、安く済むので近くのディーラーではなく、garagentへ是非いらしてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る