BMW 320d(F31)ATF交換

 

こんばんはメカニック伊藤です

 

今回ご紹介するのは、BMW 320d(F31)のATF(オートマチックトランスミッションフルード)、ATオイルパン、ATストレーナーの交換です

長らくベンツの作業紹介が多かったですが久しぶりのBMWです

というのも最近新しく迎え入れた頼もしいメカニックが先月までバリバリBMWディーラーで働いてたのでBMWの作業はほぼほぼ彼にやってもらっているのです

今回は横で別の作業をしつつ合間合間に写真を撮りに行く感じでやりました

 

 

では早速

こちらが今回交換するATF周り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレンボルトからATオイルを抜き、オイルパンを外します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルブボディ。

60000kmを超えたので心配ということでしたが、綺麗です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新旧比較

左が新品で右が外したものです

樹脂製のオイルパンの場合ストレーナー(フィルター)はオイルパンについているのでオイルパンごと交換します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ATオイルと一緒に循環してしまう鉄粉をこのマグネットにくっつけて廻らないようにしています

なかなかビッシリです

まぁ、60000kmなので距離相応かなって感じですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに新品はこんなです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のオイルパンを取り付けます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと規定トルクで締め付け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後新品ATオイルを充填して終了です

 

 

 

 

実はこの度GARAGENT、トルコン太郎 を購入いたしました!!!

(ATF圧送する機械で、キレイに全量交換できます)

 

実はこの日トルコン太郎の販売元様がきてくれてデモでやり方などを見せてもらう日だったので先程のF31で試そうと思っていたのです

しかしデモ機のアタッチメントがどれも適合せず、、、、

今回はBMWの圧送交換を紹介できず残念ですが、購入はしたのでまた届いたらご紹介します!!

 

 

ATF無交換はよくないです、、、!

 

 

 

 

 

 

株式会社GARAGENT(ガレージェント)

東京都町田市金井2-28-13

042-735-8790

info@garagent.net

担当:伊藤

LINEで簡単お問い合わせ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


高級車の安心して修理を依頼できるパートナーをお探しならガレージェントお気軽にご相談ください!
ページ上部へ戻る