BMW公式ファンクラブとは一体?その活動の秘密に迫ります!

ドイツの車メーカーであり、世界が認める高級車を生み出しているBMWは、100年以上の歴史を持つ老舗メーカーです。もちろんプレミアムカーのメーカーとしての歴史は、順調なものばかりではなく、戦争によって方向転換を迫られたことなど困難も多くありました。しかしエンジンメーカーとしてのこだわり、高級感のある車体などが注目されるようになり、日本でも多くのファンがいます。そんなBMWのオーナーが所属する、BMWが認定している公式ファンクラブがあることはご存じでしょうか。今記事ではBMW公式ファンクラブについて詳しくご紹介します。

■BMW公式ファンクラブ(BMW Club Japan)とは

ドイツの高級車であるベンツやフォルクスワーゲンと並び、御三家と称されるBMWは、輸入車の中でも特に多くの日本人に愛されています。走りの性能だけでなく、多くの車種があり、選ぶことの楽しみがあること、高級感のあるラグジュアリーで過ごす時間が特別であることなど、BMWが好きでずっと乗り続けているというオーナーも多くいます。そんなBMWのオーナーから構成されるBMW Club Japanとは何なのか詳しく見ていきましょう。

▼BMW Club Japanの目的

BMW Club Japanは、BMWの伝統を理解し、かつBMWのコンセプトである「駈けぬける歓び」を共有するオーナーやユーザーによるコミュニティの場、情報交換などを目的として設立されたクラブです。

▼BMW Club Japanの歴史

日本におけるBMWファンによって、1964年にBMW Club Japanは創立しました。BMWのドイツ本社が公認する、BMWクラブ会員の交流とBMWブランド継承を目的としたクラブは基本的には1つの国に1つだけで、本社と現地法人の強力なサポートが受けられることが強みです。日本ではBMWの販売台数の伸びと共に会員数も増え、一時期には千人近い会員数を誇っていました。ただ、クラブの目的や趣旨をよく理解しないまま入会する人も増えてしまい、サービスの質が低下してしまうということも起きてしまいます。その後、積極的な勧誘活動をしない代わりに、会員が楽しめるイベントを開催するなど、独自の運営を行い、BMWを通して社会貢献活動も行うなど多角的な活動をしている点でも注目されています。

▼BMW Club Japanの今後の展望

BMWを愛するオーナー同士の交流だけに留まらず、BMWの魅力やコンセプトをより多くの人に理解してもらい、知ってもらうこともBMW Club Japanの取り組みの一つです。特に現在クラブの会員の多くが関東在住者であり、女性会員が全体の1割程度であることから、全国各地にいるオーナーの登録や女性会員の入会を増やすことを今後の目的としています。またBMWの魅力を実際に試乗してもらうことで知ってもらうために、一般ユーザー向けのイベントの開催、安全運転や環境保護の啓蒙のための講義の開催を今後行っていくことで、「世界で一番のBMWクラブ」となることも今後の目標に掲げられています。BMWを通し、多くの人にモータースポーツを知ってもらい、楽しんでもらうために、BMW Club Japanは今後も日本国内だけでなく国外にもその交流の輪を広げていくことを目指しているのです。

▼BMW Club Japan入会資格と特典

BMW Club Japanに入会したいと考えていて、BMWのモデルやALPINAのオーナー、ユーザーであれば入会資格があります。ただし営利目的での入会や、BMWのブランドイメージを損なう行為をした人については入会ができないことがあります。クラブ入会特典として、BMW主催のイベントに優待枠で参加できるほか、最新モデルの市場や海外レース観戦ツアーなどへの招待などがあります。またクラブだけに許可されている、エンブレムを使用したオリジナルグッズを購入することも可能となります。

■BMW Club Japanの実態に迫る!

ファンクラブといっても、非営利団体であるBMW Club Japanがどういった活動をしているかは、よく知らないという方も多いのではないでしょうか。そこでここではBMW Club Japanの会員になることでどういったメリットがあるのか、その実態についてご紹介します。

▼クラブ会員同士の集会

クラブに登録することで、オーナーが集まるイベントに参加でき、情報交換ができることが大きなメリットです。特にメンテナンス情報やドライビングテクニックについて知ることができるのは、会員数が多いクラブだからこそ。さらに絶版パーツの再生産の働きかけをしたりすることも可能なので、特定の車種に長く乗り続けていると起こりがちな廃番パーツの問題を解決するためにも、クラブ会員になることは大いに意味があるといえます。

▼SNSやファンサイト上での会員同士のやりとりやイベントの告知

SNSでの情報発信がクラブでは積極的に行われています。BMW Club Japanでは公式サイトに加え、FacebookやTwitterでも情報発信が行われていますので、イベント情報を見逃すこともありません。また一人でイベント参加するのは気が進まないという方でも、SNSなら気負わずに交流ができますので、ぜひ活用することをおすすめします。

■まとめ

数多くあるオーナーズクラブの中でも、57年という歴史を持つBMW Club Japanは、試乗体験やドライビングレッスンなど様々な独自イベントを開催し、BMWオーナー以外の方に向けてもBMWの素晴らしさを広く紹介しています。クラブ会員になることで得られる情報も多く、長くBMWに乗り続けたいと考えているならぜひ会員になるのがおすすめです。ただ、BMWは海外メーカーであることから、メンテナンスが難しい面もあります。そういった悩みにも、BMWのメンテナンス実績のあるgaragentなら安心です。特にパーツ交換など個人では難しいメンテナンス等、ぜひご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る