メルセデス・ベンツ Eクラス (W213) E400 エアサス修理 車高落ちて上がらない 【東京都W様】

こんばんはメカニックの伊藤です。

今回は車高が4輪全て落ちてしまったベンツE400(W213)の修理です。

まず入庫時の車両がこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全にぺったんこです。ハンドル切るとインナーフェンダーに干渉するレベルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジンをかけると、「車高が上がります。お待ち下さい。」の表示が出ますが車高は上がらず、数秒後に赤い警告灯で停車を促します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兎にも角にもまずは診断機をつないで点検していきます。

ベンツ純正診断機のXENTRYを使います。

入力された故障コード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見るまでもないですが、車高レベルの実測値も一応。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診断機からの制御でエアサスコンプレッサーの強制駆動を試みますが、コンプレッサーは動きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さまと相談のうえ、

・エアサスコンプレッサー

・エアサスバルブブロック

・エアサスのリレー

・エアサスのヒューズ

を交換することとなりました。

 

新品コンプレッサー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品バルブブロック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交換していきます。

コンプレッサーもバルブブロックも同じ箇所についているので、同時に作業します。

どちらも左フロントのインナーフェンダーをめくったところについていますのでまずはインナーフェンダーを取っ払います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するともう両方とも顔を出しますので、付け替えていきます。

コネクタふたつ、エアホース1本、を外したらあとは10mmのナット3つで取付けられているので外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外れたコンプレッサー

ブラケットは移植になりますので新しいコンプレッサーに付け替え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいコンプレッサーを車体に取付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコンプレッサーの上にバルブブロックが取付けられているのでそれも新品に交換。

バルブブロックはエアホース大小合わせて6本、固定用のトルクス2本外せば取り外せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあとバタバタしてしまい写真がないですが、リレーとヒューズを交換し、エアサスのキャリブレーションをやりなおして車高が上がってくることを確認。

車内のボタンで車高の上げ下げができることも確認して作業終了となります。

 

エアサスコンプレッサーの初期不良やキャリブレーションが飛ぶ事件などばたばたしました、、、

エアサスの車高落ちはエアサス車の宿命です。

ディーラーで純正部品を使って修理するとおおよそ30万円くらいかかります。

GARAGENTではお客さまの要望に合わせて判断し、社外部品を使うことによって費用を抑えることが可能です!

もちろん純正部品の取り扱いもございます!

部品代は差額あまりでなくなってしまいますが、それでも工賃はディーラーより費用を抑えられます!

費用を安く抑えられますが、作業するメカニックは僕も含め輸入車ディーラー出身者です!

安心して作業をまかせ、なおかつ費用も抑えられるよう日々努力しております。

すべての輸入車オーナーの味方、GARAGENTです

よろしくお願いいたします。

 

株式会社GARAGENT(ガレージェント)

東京都町田市金井2-28-13

042-735-8790

info@garagent.net

担当:伊藤

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る