メルセデス・ベンツ Cクラス (W205) パナメリカーナグリル、前後ドラレコ取付 【東京都M様】

こんにちはメカニックの伊藤です。

今回はベンツCクラス(W205)へのパナメリカーナグリル取付と前後ドラレコ取付作業です。

 

まずはグリル交換から。

作業前ビフォー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントバンパー外しの作業を動画で載せてみようと思いiPhoneのタイムラプスで撮っていたのですが失敗してしまったので今回は載せません、、、

なのでもうバンパーが外れました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外したバンパーを作業台へうつし、グリル移植作業へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バコバコとグリル取り外しに邪魔な部品と移植する部品を外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お取り付けする新品パナメリカーナグリル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいグリルをバンパーに取り付け、諸々の部品を移植したらバンパー取付

今回はフロントカメラはないので移植はベンツマークのみです

バンパーを取り付けたらセンサー類の作動確認とバンパーのチリを確認し問題がなければ作業終了です

このまま前後ドラレコ取り付け作業に入ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回お取り付けさせていただくドライブレコーダー

お客様持ち込みで、コムテック (ZDR035) 製を取り付けます

いつもユピテルのドラレコが多いので久しぶりのコムテックです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず電源確保。

W205前期の場合は運転席横のカバーを開けた中にあるヒューズボックスからACC電源を取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここで。

恐らく車両売却時についてたドラレコをはずしたんでしょうね。

アースポイントにクワ型端子だけ残っています、、、

たいした手間でもないでしょうに、、、

ディーラー認定中古車でしたが、たぶん外したのは素人さんか、適当な業者でしょう。

こういった細かいところに会社、店舗、メカニックの質が出ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残された端子を取り除き、新しい配線をつないでいきます

今回はお客様のお持込部品、業者用ではなく一般向けの商品なので電源確保がシガーソケットからになっています。

素直にシガーにぶっ刺したんじゃ、配線を隠せずブサイクになるのでシガーのメスを別で用意します。

先程確保したACC電源をこのシガーのメスに繋げば、シガーソケットと全く同じ用途のものが出来上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒューズボックスを外し、配線たちを奥に隠します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電源の確保、フロントカメラの動作確認はOKなのでリアカメラ接続へ。

レンズがど真ん中になるようカメラを貼り付け、配線をフロントガラスまで這わせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントカメラと接続し、今度は助手席側のカバーの中に配線を隠します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで普段運転中に見える箇所に配線はなくなりました。

最後に作動確認と位置調整

フロント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写りも取付も問題ないことを確認し作業終了となります。

 

 

今回は納車されてすぐのカスタムでした!

納車前にご連絡をいただき、相談の上内用や日程を調整し納車翌日の作業となりました!

数ある車屋さんの中でもそういった融通はきくほうだと思います。

「無理なお願いかな、、、」「めんどくさいかな、、、」と思うことでも一度ご相談ください!

 

ありがとうございました!!

 

株式会社GARAGENT(ガレージェント)

東京都町田市金井2-28-13

042-735-8790

info@garagent.net

担当:伊藤

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る