ポルシェの整備はいつ、どこにお願いするべき?知っておきたい意外なポイント!

ポルシェと言えばスマートさに優れたスポーツカーの印象が強いですが、実はタフなドイツ車としての評価を持ち合わせています。ただそれでも見逃してはならない故障のサインと、整備をお願いするならどこが良いのかを丸ごと解説致します。

実は故障率の少なさでは自動車ブランド2位のポルシェ

ポルシェというと「デザイン性の高いスポーツカー」という印象が強いかもしれませんが、実はポルシェは故障の少なさで、自動車ブランド2位の実力を有しているのをご存知でしょうか?

以下の表を見ていただけるとわかりますが、2018年の米国自動車耐久品質調査の結果によると、故障率が最も少ないのは「レクサス」で99スコア。その次が「ポルシェ」で100スコアと、1位とわずか1スコアの差でポルシェが2位につけています。このことから、ポルシェが単なるデザイン性重視の車ではないことが、おわかりいただけるでしょう。

ここでは、ポルシェの故障に関する実際のお話とともに、万が一故障になった際の対処法などについて、ご紹介します。

ランキング メーカー スコア
1 レクサス 99
2 ポルシェ 100
3 ビュイック 116
4 インフィニティ 120
5 キア 122
6 シボレー 124
6 ヒュンダイ 124
8 BMW 127
8 トヨタ 127
10 リンカーン 133
10 日産 133
業界平均 142

参考:J.D. Power 2018 U.S. Vehicle Dependability Study J.D. Power

センサーが多くエラーが出やすいが、走行不能レベルのトラブルは意外と少ない

ポルシェは車内のエラー表示が出ることがよくあるので、このランキングを見ても「本当は故障しやすいのでは?」と思った人も、いるかもしれません。確かにポルシェはセンサーが多いため、他の車種に比べてエラーが出る機会も多く、そのことで「ポルシェは壊れやすい」というイメージを持っている人もいるようです。

しかし、エラーが出やすいからといって、壊れやすいということではありません。ポルシェは工業製品としての完成度がもともと高いので、工場から出荷された時点では、完璧な状態で購入者のもとに届きます。そのため、少しでも不具合があると、エラー表示されてしまうのです。

たとえばパーツを社外品と交換してバランスが崩れたりすると、センサーがそれを検知してエラーを出してしまうことがあります。そのため、たとえエラー表示が出たとしても、走行不能レベルのトラブルではないケースが多いのです。

それでもこんな症状が出たら要注意!

このように故障の少ないポルシェですが、それでも異常が発生してしまうケースが、まったくないわけではありません。たとえば、以下のようなトラブルが確認されています。

ハンドル

「ハンドルが重く感じる」「ハンドルからギーギーという音がする」というような場合は、パワーステアリングのオイルが漏れているなど、何らかの理由でオイルの量が減っている可能性があります。このような症状があるときは、整備工場で見てもらった方がいいでしょう。

ホイール

縁石や狭い道でガリってしまったなど、タイヤのホイールを傷つけてしまったときも、修理する必要があります。「ホイールぐらい大丈夫」と思うかもしれませんが、傷の状態によってはホイールに隙間ができ、そこから水分が入り込んでタイヤを侵食する危険性があります。交換をせずに修理できる方法もあるので、そのまま放置せずに、必ず修理を依頼しましょう。

オートマシフト

「シフトをパーキングに入れても、シフトレバーが動かない」というようなときは、シフトのピンが硬化してしまっている可能性があります。このような場合は、ピンを交換しなくてはいけないので、修理を依頼する必要があります。

ディーラーと整備工場へお願いすることのメリット・デメリット

ポルシェに不具合が起きたときに、ディーラーに修理を依頼するケースと、整備工場に修理を依頼するケースがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、ご紹介しましょう。

ディーラーの特徴

ディーラーとは、自動車メーカーと特約店契約を結んでいる業者のことで、ポルシェの販売からアフターサービスまですべてをサポートしてもらえます。ポルシェに何かあったときに、いつでも相談することができる、頼れる存在です。

メリット

ディーラーに修理を依頼するメリットは、何と言っても圧倒的な信頼度の高さです。ポルシェのことを知り尽くした整備士が修理を担当するので、メーカー品質の高い技術力で、確実に愛車をリペアしてもらえます。

ディーラーとしての責任とプライドがあるので、不具合の起きたポルシェを限りなく元の状態に戻すべく、最善の努力をしてくれます。パーツの入荷待ちといったこともないので、スムーズに修理を済ませられるでしょう。

デメリット

その反面、ディーラーは修理費用が高額になるというデメリットがあります。ディーラーなので部品を交換する場合は当然純正を使うのですが、ポルシェは純正パーツが非常に高額のため、それを避けたくてディーラーを敬遠してしまう人は少なくありません。

また、ディーラーは安全性を厳しくチェックするため、整備工場では交換しないようなパーツでも、念のために交換してしまうこともあります。

整備工場の特徴

整備工場は、自動車の修理・点検を専門に行う業者です。ディーラーと違ってさまざまなメーカーの車種を扱い、サービスの内容も料金も、業者によってだいぶ違います。ディーラーは板金や塗装を行わない場合もありますが、整備工場は板金や塗装まですべてやってもらえるケースもあります。

メリット

整備工場に修理を依頼する最も大きなメリットは、やはりディーラーに比べて価格が安いことです。さまざまな点で臨機応変に対応してもらえるので、トータルの金額はディーラーよりもかなり安くなる場合があります。

また、地域に密着しているので気軽に相談しやすく、自宅から近い場所にあるのも何かと便利です。

デメリット

ただし、整備工場ではさまざまな車種を扱うので、ポルシェの整備に詳しい人が担当するとは限りません。ポルシェに慣れていない整備士が担当すると、愛車を本当にきっちりと修理・整備してもらえるのか、不安になる人もいるでしょう。

安全装備や自動運転といった先進の技術が搭載されている車種の場合は、そもそも対応を断られてしまうケースもあります。部品の在庫も置いていないので、対応に時間がかかるため、急いで修理・整備したい人には向きません。

不安な時は実績のある整備工場にお任せください!

「ディラーよりも安く修理・整備できて、なおかつポルシェに精通している整備工場はないだろうか?」とお探しの方は、GARAGENTにお気軽にご相談ください。

弊社はポルシェやBMW、メルセデス・ベンツなど、輸入車や高級車に特化したサービスをご提供している整備工場です。国産車と仕様が異なる輸入車や、構造が複雑な高級車を数多く取り扱っておりますので、ポルシェの修理・整備も安心してお任せいただけます。

ポルシェについても実績豊富で経験豊かな整備士が在籍し、他の整備工場ではできない修理や整備、カスタマイズも承っております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る