ドラレコは自分で取り付けても大丈夫?プロにお願いするメリットとは

ドラレコ(ドライブレコーダー)はそもそもどんな種類があるの?

バスやタクシーなどでは設置が必須となっているドライブレコーダー。
自分では防げないあおり運転や飛び出しの状況説明に、個人で取り付ける人も増えてきています。

ただ、多種多様なドライブレコーダーが販売されているためどう選べばいいのか、また自分で取り付けても大丈夫なのか悩んでいないでしょうか。
そこでドライブレコーダーの選び方のポイントや個人で取り付ける際の注意点などを詳しくご紹介します。

カメラ選びのポイント

○見るべき基本スペックとは

ドライブレコーダーを選ぶ際には、撮影する際に必須となるカメラの性能をチェックすることが必要です。

画素数

事故の状況はもちろんですが、相手のナンバープレート、事故時の信号、また周辺の人や車の状況がはっきり写っていないと意味がありません。最低でもフルHD画質のものを選びましょう。

レンズの角度

広範囲の状況を録画したい場合には、レンズの画角をチェックしましょう。画角はカメラの撮影範囲のことです。水平画角が100°以上あるものを選ぶといいでしょう。360°撮影可能なものもあります。

暗所対応性

夜や相手のライトで逆光になっている場合でも見やすい映像に調整してくれるのがHDRやWDRです。ただ実際に撮影した画像を見比べないと分からない部分も多く注意が必要です。

○その他人気の機能

ドライブレコーダーはただ撮影するだけでなく様々な機能が搭載されたモデルもあります。

液晶画面付き

液晶モニターがセットになっているモデルです。取り付けの際に、カメラの向きや撮影範囲をモニターで確認しながら調整できるのが大きなメリットです。カメラの向きが悪くきちんと撮影ができなかったということを防げます。また液晶モニターで映像確認ができるので、警察にその場で確認してもらえます。

エンジン連動機能

ドライブレコーダーで比較的安価なモデルだと、自分でスイッチを入れないと撮影しないため事故にあった時に撮影ができていなかったということがよくあります。エンジン連動機能がついていれば、エンジンの起動と停止でカメラも起動・停止をするので切り忘れも防げます。

駐車監視機能

通常ドライブレコーダーは車のエンジンが動いている状態でしか録画をしません。そのためエンジンを止めている間に車上荒らしや当て逃げなどにあっても録画はしていないため、証拠を残すことができないということが起きます。駐車監視機能付きだと、センサーで車に起きた衝撃や人の動きを感知して録画を行います。

GPS機能

GPSを搭載したモデルの場合、事故が起きたときの正確な位置情報が分かることに加え、自車の走行速度も記録が可能です。事故当時の証拠画像だけでなく車の走行軌跡もデータとして提出できます。

○撮影範囲の3タイプ

前後2カメラ、360度対応、フロントカメラのタイプ別にそれぞれ説明をお願いします。

ドライブレコーダーは、カメラの撮影範囲によって3つのタイプがあります。

フロントカメラ

前方にカメラがあるタイプで、一般的なドライブレコーダーはこのタイプです。先にご紹介したようにレンズの角度によって撮影可能な範囲に違いがあります。

前後2カメラ

前と後ろに2つのカメラを設置して録画するタイプです。フロントカメラではカバーが難しい後方からのあおり運転対策におすすめです。ただし横に死角ができるのがデメリットです。

360度対応

前後左右をカバーできるタイプです。フロントカメラや前後2カメラの弱みである横からの幅寄せや追突なども撮影が可能です。また車内映像を撮影することもできます。

自分で取り付けるのは可能、ただし高機能タイプであれば業者依頼がベスト

○結論から言えば出来るタイプはあります!

ドライブレコーダーを購入したいけれど、業者にお願いすると工賃が高くつきそうで購入に踏み切れない、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、自分で取り付けは可能です。ドライブレコーダーはシガーソケットから電源を取るため、差し込むだけですぐ使えるのです。

ただ、ずっとシガーソケットをふさぐことになり、コードがむき出しになってしまいます。配線を隠す場合には内装をはがす必要があるので破損の可能性もあります。
単純な機能のドライブレコーダーならいいのですが、前後カメラの場合は通電のための配線設置が難しく車の故障にもつながりかねません。

○プロに任せるメリットとは

ドライブレコーダーを設置する場合、高級車オーナーの場合は駐車監視機能付きなど高性能のものを選びたいもの。
そうなると常時電源が必要なため、ヒューズボックスから電源供給が必要となります。

ヒューズボックスにつなぐためには、ある程度電気関係の知識や技術が必要ですし、配線を間違えると不具合が発生することもあります。
そういったリスクを回避するためにも、信頼できる経験豊富なプロに取り付けをお願いするのが一番です。

プロに取り付けをお願いするメリット

  • 購入してすぐに取り付けてもらえる
  • 内装に傷をつけずに済む
  • 故障や不具合に対応してもらえる

プロに取り付けをお願いするデメリット

  • 取り付け工賃が必要

ドライブレコーダーの取り付けならgaragentへ

garagentは外車や国産の高級車の整備を多く手がけています。
豊富な経験、専門知識のあるスタッフと相談しながら持ち込みパーツや、代替品であるOEM部品の取り付けを行わせていただきます。

東京都・町田市、多摩市、稲城市、神奈川県横浜青葉区、川崎市麻生区にある駅までは、無料での送迎サービスもございます。

ドライブレコーダーを購入したいけれど、自分で取り付けるのは不安で迷っている、そういった場合にはぜひgaragentにご相談ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る