トレイルブレイザーのメンテナンス

シボレーのトレイルブレイザーのエンジンルームのインシュレーター交換とパーキングブレーキ(サイドブレーキ)の調整作業をさせて頂きました。 エンジンルームを開けたときにボンネットの裏に付いているのがインシュレーターです。 元々付いている物は汚れていて、一部穴も空いていました。 こちらが新しいインシュレーターになります。 交換後がこちらになります。 エンジンルームを開けた時の印象も変わりますし、経年劣化で劣化していたので遮音性や断熱効果も復活します。 続いてはパーキングブレーキの調整作業です。 元々はパーキングブレーキをかけると、レバーが垂直になるくらい引ける上に、効きもイマイチでした。 リアのブレーキをバラして、ブレーキディスクの内側のパーキングブレーキ用のブレーキシューを調整していきます。 効きが左右で変わらないように、確認しながら左右で調整していきます。 調整してはブレーキをかけてを繰り返して、ブレーキシューの当たりが丁度良くなるように調整していきます。 調整完了しましたので、ブレーキを組み付けていきます。 ブレーキシューの厚みとパッドの厚みも確認しておきました。 この度は作業のご依頼ありがとうございました。 またのご依頼お待ちしております。 シボレーのメンテナンスのご依頼お待ちしております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る